日本低糖質パン協会

日本低糖質パン協会

設立趣旨

糖尿病およびその合併症の予防・撲滅に対して糖質制限食が有効なことは、既に(一社)日本糖質制限医療普及推進協会(代表理事;江部康二医師)(一社)食・楽・健康協会(代表理事;山田悟医師)によって精力的な啓蒙活動が図られています。両協会とも広く食事内容全般についての指導をされており、低糖質パンも対象の一つとなっています。

 日本低糖質パン協会では、消費者目線に寄り添う安心・安全で食後血糖上昇抑制効果の期待できる低糖質パンの研究開発とその普及活動に寄与できることを願っております。会員間の情報交換と製パン技術の共有化を図ることによって、日本全国のパン屋さんで一定水準以上の信頼性の高い低糖質パンをお買い求めできることが本協会の理想とする最終目標です。また将来的には、パン屋さんだけでなく、家族のためにご自宅のホームベーカリーでパンを焼かれる方々にも会員として入会して頂き、情報提供と製パン技術の移転を図っていきたいと考えています。

本協会は非営利団体です。大企業では栄養成分分析も開発試作も潤沢な資金によって実行可能です。小さなパン屋さんも多数が集まれば、大企業と同じ研究開発が実現可能です。得られた研究開発成果とそのレシピやノウハウを共有化することによって、小さいパン屋さんでも一定水準以上の信頼性の高い低糖質パンを提供することができると考えています。同じ志や考えを持つパン仲間が中核となって運営する互助会運営組織が、日本低糖質パン協会です。設立趣旨にご賛同頂ける多くのパン屋さんによって本協会が社会の役に立つことを願っております。