日本低糖質パン協会

日本低糖質パン協会

代表理事ご挨拶

日本低糖質パン協会 代表理事 中塚 康雄
代表理事 中塚 康雄

 食後血糖スパイクを心配されるシニア世代やダイエットに取り組みたいミドル世代にとって、低糖質パンは気になる食品です。ネット通販や書籍では数多くの低糖質パンが販売され、紹介されていますが、低糖質パンとはいったいどのような条件のパンを指すのでしょうか?巷に溢れている低糖質パンは、本当に食後血糖スパイク抑制効果のあるパンなのでしょうか?

 私は医師でも、薬剤師でもありません。医学に関しても素人です。そのため低糖質パンの研究開発や試作試験の結果については、私一人で判断せずに必ず医師、薬剤師、管理栄養士の方々から指導や助言を受けながら進めております。研究開発や試作試験で得られた成果については、できるだけ多くの方に知って頂きたく、学会や研究会、講演会、セミナーで発表・紹介をさせて頂いておりますが、ただ一点、注意を喚起したい点があります。これらの結果は、正式に生命科学研究倫理審査委員会の審査を受けたものではなく、個人で簡易測定したものです。また統計解析をした信頼性のあるデータでもありません。そのようなデータであることをご理解して頂いた上で、参考として頂くことをお願い申し上げます。

 私は3年前から筑波大学附属病院病態栄養部のご指導を受けながら低糖質パンの開発に取り組んできました。その後城西大学薬学部ご指導の下、開発した低糖質パンの食後血糖測定を行い、血糖スパイク抑制効果やセカンドミール効果を評価してきました。そこで得られた数々の興味ある試験結果や知見はクローズにするものではなく、志や考えを同じくするパン屋さんへ広く伝えたいとの思いから本協会の設立に踏み切りました。

 本協会はまだ産声を上げたばかりで協会というにはおこがましい小さい組織ですが、同じ志や考えを持つパン仲間が集まることによって、大企業と同じレベルの研究開発が実現可能です。得られた研究開発成果とそのレシピを共有化することによって、小さいパン屋さんでも一定水準以上の信頼性の高い低糖質パンを提供することができると確信しています。同じ志を持つパン仲間が中核となって運営する互助会運営組織が、日本低糖質パン協会です。本協会の設立趣旨にご賛同して頂き、会員として参加して頂けますことを心からお願い申し上げます。